2006年3月4日土曜日

6Vリレー Ⅱ

前回のマルチバイブレーター回路では電球を点灯させる事は出来ませんでしたので、トランジスタを2個追加して増幅して見ました。ダーリントン接続と言うのだそうです。追加したトランジスタは前回使用した物と同じC1815です。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


おおっ、点灯しましたーっ!。点滅を繰り返してます!!
何と素晴らしいダーリントン接続回路。しかし、電力はまだまだ不足してます。6V1.7W球を6V3W球にしたらフィラメントが赤くなるだけ、輝きません。電圧を測ると4V余り、これでは足りませんねぇ、さらにダーリントン接続しなければ。明日にでもトランジスタを買いに行って追加してみるつも・・・
ここで問題に気がつきました。マイナス側がトランジスタになってるんです。つまりマイナス側が車体アースになってるバイクには、そのままでは付けられ無いのです。車体とは完全に絶縁された、ウィンカーだけの回路が必要になってしまうのでしたーーーーっ!なんのこっちゃーーーーっ!


0 件のコメント: