2016年3月16日水曜日

ワッシャー

あれです。
外車用ボタンボルトの頭の径は13.65㎜で、通常のキャップボルトの頭は12.5㎜。
接触面が1.15㎜も小さいとなると、ジュラルミンのスプロケットは負けそうです。
で、ワッシャーを入れて面圧を下げようと思うんですが、スプロケットのボルト穴は15㎜で、通常のワッシャーはもちろん、小径ワッシャーでさえ入りません。


左が小径ワッシャーで右が通常のワッシャーです。


仕方がない、削りましょう。ステンレスなので錆びの心配はいりません。

目標!直径14.8㎜!

ンガリガリガリガリ・・・・

ンゴリゴリゴリゴリ・・・

ンガーーーーーーッ!

ンゴーーーーーーッ!


と、何とか出来上がりました 。


ほれ入った。


ワッシャー!ヨッシャー!(はいはい)


4 件のコメント:

ワタヤン さんのコメント...

お疲れ様でした、としか言葉が出ません(笑)
ステンレスでそれだけ切子が出るとは良く切れるヤスリですね~

buratto28go さんのコメント...

ワタヤン、素早いコメント恐れ入ります。
ちゅうか、使い古しで切れません。もう二度としたくないです。(笑)

Takesan S さんのコメント...

次はスプロケットを削り出してください。
もちろん、burattoさん用のスペシャルなのを。
私のは要りませんからぁ〜

buratto28go さんのコメント...

Takesan Sさん、信じられないでしょうが、初めて乗ったバイク(TY50)のフロントスプロケットをアルミで作って乗ってた事があります。
中古でパワーが無くなってたのでしょうが、普通に使えてました。
もう二度と作りたくありません。(笑)