2007年5月19日土曜日

GASGAS200

今朝、届きました。
1年~2年は放置されてたんでしょうか?フレームがかなり錆びてます。


メッキでピカピカの筈ですが・・・


ここまでくると、再メッキか塗装をしなければ錆びをとめられませんねー。


R.フェンダーは交換しなければなりません。


メーターもアウトです。


エンジンは一発始動でした。'97ですのでそれなりのリング音はしてますが、吹き上がりもスムーズで問題無いようです。
ブレーキパッドも大丈夫。チェーンとスプロケももう少し使えますしサスも抜けてませんので、整備をすればこのまま走れそうです。
しかし、フレームの錆びを何とかしなければなりませんねー。


2007年5月13日日曜日

GASGAS

やっちまいました。
落札する気は無かったんですが・・・
'97 GASGAS CONTACT JTX200
排気量141.3ccのCONTACT160から、162.8ccになったモデルです。
良いバイクですが、書類も無く出品地は東京。落札する気はさらさら無かったのですが、つい、うっかり・・・
落ちた物は仕方が無ーい!引き取らなければ成りません。
高栄運輸さんにお願いしましたが、東京から京都まで23,100円!益々へこみます。同じ様な値段で、京都市内でCONTACT250の書類付きがあったのにーっ!
予定では今週引取りの来週到着なのですが、どうなるんでしょうかーっ!


当時の広告です。当然こんなに綺麗では有りません。


2007年5月5日土曜日

2007 4st.ツーリング

今回はしんみりと3台。
1台はどうみても2st.に見えますが・・・そっとして置きましょうね。


ほぼ定刻に出発。
あちゃちゃー!いきなり私のエンジンが回りません。出掛けにM.J.を100番から95番に落としてきたのですが、更に集合場所でエアースクリューを4分の1回転開きました。それが駄目だったようで40km以上出ません。途中停車して4分の1締め込むと、まともに走るようになりました。ビミョウですね。
前回同様、黄檗トンネルから三室戸寺、天ヶ瀬ダム、青山トンネルを通って宇治田原。前回は此処で中止と相成った訳ですが今回は無事に通過、多賀を目指します。
国道を左折し旧奈良街道。多賀で更に左折して山城フルーツライン。万灯呂山展望台を目指して上ります。
しばらく走ると自転車で上る軍団が、ひえ~!この坂を漕いで上ってる。ハンパねー!オレは嫌だー!出来ねー!
エンジン様~、モンキー様~、有難うごぜぇますだー。
ちっちゃいバイクが元気いっぱい上って行きます。ああ楽ちん。


展望台はツツジの花で溢れてました。
霞んでましたが相変わらずのパノラマビュー。最高です。次回は、空気の澄んだ秋か冬にでも来て見ましょう。
パノラマを楽しんだ後は、田村新田を目指して林道を下ります。8インチ古タイヤモンキー、10km~20kmで走っててもオフロードは結構ビビリます。短い林道を長く楽しめる最高の相棒ですね。面白い。
田村新田で左折、いつも通り和束へ。和束の道の駅で弁当購入。これまたいつも通り東海自然歩道へ入る。入ったところでガス欠、リザーブに切り替える。ヤバイかも・・・
ちょうど昼時とあって、昼食に帰るお茶農家の軽トラ数台とすれ違いました。狭い道でのすれ違いすみませんでした。で、道端で昼食。


座り込んだ所にあった花です。
最近、子供の頃に使ってた花や草の名前が、全く思い出せない。飯を食うのは忘れないんですがねぇ・・・
茶畑の横でのローソンのハンバーグ弁当、旨かったっす。泡立つお茶、旨かったっす。


リザーブに切り替えて何km走ったのでしょう?早くスタンドに行けよっ!て話しですが、やっぱり立ち寄ってしまった鶏鳴の滝。今日は水量が少ないような・・・
ただ水が落ちてるだけなんですが、ついつい見とれてしまいます。さ、本気でスタンドへ。


信楽で給油をして、いつものルートで帰途に。
畑から富川町は定番のルートなんですが、「畑のしだれ桜」は最近まで知りませんでした。樹齢400年。葉桜も中々のもんです。
富川町では県道の拡幅工事中で、交互通行部分有り。県道を右折し大石から関津峠を下ろうとしたら、ありえない所で何故か渋滞中。引き返して鹿跳橋を渡り瀬田川沿いを西進、桜峠から国分と北上。名神沿いを大津インターへ。大津市内を通り小関峠から国道1号線に入り、バーミヤンでゴールイン!
心配してた雨にも降られず、良い一日、良いツーリングでした。
kawaさん、イーハトーブさん、有難う御座いました。また宜しくお願いします。
次回の4st.ツーリングは10月10日どえす。


2007年5月2日水曜日

FM実験放送

60年代の後半です。
中学生の私は、NHK大阪局のFM実験放送(1969年より本放送)を良く聞いてました。NHKですので、クラッシック音楽中心の編成でしたが、1970年にエフエム大阪が開局するまでは、選択の余地が無かったんです。
クラッシックに興味が有る訳でも無くただ聞いてただけで、曲名や作曲家名等を覚えるほどのめり込んだ訳では有りませんが、小編成のバロック音楽、特にバッハは惹かれました。チェンバロの音色と美しい旋律がお気に入りだったのです。

クリックすると元のサイズで表示します


パッヘルベルのカノン~バロック名曲集

トマーゾ・アルビノーニの 「弦楽とオルガンのためのアダージョ」 最高です。

ヨハン・セバスティアン・バッハの 「G線上のアリア」 定番ですね。本当に美しい。

アントニオ・ヴィヴァルディの 「協奏曲 第10番 ロ単調 作品3の10」 もう、たまりませんねぇ。