2017年6月14日水曜日

EURO4

スズキの鈴木修会長は、
「東南アジアでは排気量100cc~110ccが主流だったが今は150ccに移ってきている。いずれ100ccのバイクはなくなり150ccクラスが小排気量バイクの限界になるのではないか。そのうえで、日本でも50ccがどうなっていくかということを考えると、125cc~150ccが小排気量バイクの限界になるのではないか」と語られたとか。

50ccバイクはピーク時の1割程度にまで市場規模が落ち込んでおり、加えてEURO4をクリアできないモデルは生産、販売中止に追い込まれています。
そこでヤマハは、市場縮小や50㏄モデルが日本独自規格のため海外展開が難しいことなどを理由に、2018年にもホンダから50ccスクーターを調達するとしていますが、市場規模と開発費用を考えるとホンダから調達すると言う決断は賢明なのでしょう。


しかしながら、ロングセラー商品である『モンキー』の生産でさえも8月末で終了し、その50年の歴史に幕を下ろすのは残念でなりません。
今まで乗ったバイクで再び欲しいと思うバイクがモンキーとCD50なんです。どちらも80㏄くらいにボアアップすると楽しいんですよね。
って、まったくEURO4に適合しませんが。(笑)

EURO4は頑張ればクリアできない規制ではないらしいのですが、クリアするためには新たな開発を進めなければならず、どうしても車体が重く価格も上がってしまう!


(この写真はエイプリルフールの冗談です)

てな事で、以前は有った新型TLRの噂、今となっては無理なのねー
国産トライアル車はもう出ないのねー

一生TLRに乗り続けるのねー
と思ってても、2017年以前のバイクは走行禁止!と言う時がくるのかも・・・(恐)


6 件のコメント:

ホワイト さんのコメント...

こんな新TLRランドネが出ても私は今のTLRに乗っていたいです。40キロを超える燃費、6,5リッターのタンク、優れた悪路走破性。立派です。

Takesan S さんのコメント...

車は近々モーターになるでしょうし、そうなるとガソリンスタンドがなくなるでしょう。
そのうち、エンジンが付いていればめっけ物!になりますね。

buratto28go さんのコメント...

ホワイトさん、出ません!(笑)
EURO5、EURO6とドンドン厳しくなりますからね~
何れガソリンが揮発するのも駄目になるそうですから、TLRみたいな古いバイクは乗れなくなる日がくるのかも知れませんな~(悲)
どうしましょう?

buratto28go さんのコメント...

Takasen Sさん、ですね~
我が区でも知ってるだけで6軒スタンドが無くなりました。

バイクの製造・販売中止~買うバイクが無い~スタンドが無い~給油できない~乗れない~サルナシを採りに行けない。
という時代が来るということですね~
どうしましょう?

ホワイト さんのコメント...

心配入りません。その頃に私たちはいません。

buratto28go さんのコメント...

ホワイトさん、そんな気弱な。
最低でもあと20年は生きるでしょうから、何が起こるか分かりません。

だもんでこれからは自転車でっせ。自転車トライアル。
今更無理かな~?(笑)