2011年1月8日土曜日

スカルプチュア

スカルプチュアと言われても、立派なオジサン世代は何の事だかチンプンカンプンですよね。
で、困った時のWikipedia

スカルプチュア(英:sculpture, sculptured nails)とは、付け爪(人工爪)の一種。自爪の上に、アクリル樹脂やジェルなどを直接盛り、爪の延長や補強を行う技術。 (日本のネイリストの口語では略して、スカルプと言うことも多いが、頭皮の意味のスカルプ scalp とは、英語綴りが異なる)

このスカルプチュアで使われる材料がアクリルリキッド(アクリルモノマー)とアクリルパウダーなんだそうです。
検索すると、溶剤であるアクリルリキッドの成分はメタクリル酸エチル(エチルメタクリレート)と言うものでした。

さらに検索すると
造形接着剤「プラリペア」の液は、メチルメタクリレートとなっていました。エチルとメチル、アクリル樹脂の粉とアクリルパウダー。これって、ほぼ同じもの・・・?
さらにさらに検索すると、歯医者さんが使っている仮歯用の材料もほぼ同じものらしい・・・

んでっ!「プラリペア」の液がスカルプチュアの材料ならば、化粧品である!化粧品なら100円ショップで売っている!100円ショップならリキッドとパウダーを買っても200円である!と言う事は、「プラリペア」が200円で手に入る!
さらにさらにさらに「100円ショップ アクリルリキッド」で検索すると、シルクと言う100円ショップで売ってるそうな。
「えへっ! もひとつ、えへっ!」バイクで数分、歩いても10分余りの所に100円ショップシルクが有るのですーっ!
んでんで、早速買いに行ったのですが、残念な事にリキッドは売り切れ!ピンクのパウダーだけが売れ残ってました。
入荷は未定だそうです。んん・・・じょーじショック!


10数年前に買ったものです。液が無くなり、粉だけが空しく残っています。

今回は売り切れでしたが、入荷を期待して定期的に100円ショップ シルクを覗いてみます。


0 件のコメント: