2017年7月20日木曜日

ガスケットの切り方

Takesan Sさんへの連絡事項です。

「オレってセレブだしぃ、ガスケットなんて切ったこと無いやい!」
と言う体で話を進めます。


これが今回発掘されたパッキン紙の切れ端ですねん。
茶色が0.5㎜厚、グレーが0.9㎜厚です。

で、ガスケットの切り出しに必要な道具は、


定規、カッターナイフ、デザインナイフ、ポンチ(オレのは太い!:はいはい)

ちょっと追記:刃がガタつくカッターナイフは使い難いです。

と、


下敷きとなるカッターマットです。
※わたくしはプラスチックまな板を使っております。

で、鉛筆等で形をなぞって切り出すのですが


一度で切ろう!としてはなりませぬ。
軽く、軽く、何度も何度もなぞって少しずつ刃を入れていきます。
一度に切ろうとすると、かなりの確率でズレますし歪みます。
でここはひとつ、シャー、シャー、シャーと少しずつ切ってください。


とと、今回は丸く切る箇所は有りませんが・・・
シリンダーのベースパッキン等で「丸く切りたいよね」という時は・・・


ディバイダ―にデザインナイフを取り付けて自作したもので切っております。
これはさらに軽く少しずつ切らなければなりません。
んがしかし、世間にはサークルカッター(コンパスカッター)と言うものがありますので、そちらを使ってください。

最後に、ポンチで(君のは長い!:はいはい)穴を開けてみましょう。


ポンチやコンパスカッターは、今や100円ショップに有ります。
工具コーナー、文房具コーナー、または洋裁用品コーナーを探してみてください。

ほな


4 件のコメント:

Takesan S さんのコメント...

男らしく豪快にシャー、シャーと切れば良いのですね。
ポンチも太くて硬いのがあります。

buratto28go さんのコメント...

Takesan Sさん違います。(笑)
女々しくそ~と、シャー、シャーと切ってください。
ちゅうか、追記しましたが刃がガタつくカッターは使い難いです。出来れば男らしくピシっと動かないカッターにしてね。

ちゅうか、太くて硬いポンチをお持ちとは・・・羨ま・・・

ワタヤン さんのコメント...

ええっ、ガスケットって自分で切って作る物なのですか?
セレブな私には無縁な世界なのですね~。

buratto28go さんのコメント...

ワタヤン、金を余らかしているので1枚では物足りなくて、ガスケットを20~30枚重ねようかと・・・
シリンダーなんてベースパッキンで2、3センチ上がったりして・・・圧縮が下がる下がる。
低速が滑らかだよね~
パワー無いよね~
これがセレブのバイクだよね~
みたいな~(笑)