2010年12月5日日曜日

志津川林道

喜撰山ダムに行ってきました。
ここは揚水式水力発電所・喜撰山地下発電所の上池です。
揚水式とは、電力の余る夜間に下池の天ヶ瀬ダムから水を汲み上げ、電力需要の増える昼間に下池に水を落として発電する方式です。
この画像は本日午前の状態ですが水位が低いですね~ 今の時期は発電してないのかも・・・?


で、ダム湖を撮影して振り返ると・・・


サルナシ?でしょ?


いい感じです。期待が持てますね~


この道沿いには、古いコンクリートの構造物や石積み、対岸には古い道?らしきものが有ります。
昔から気になっていたので、本日検索してみたんですが何も出てこず結局謎のままです。

が、代わりにとても興味深いページを見つけたのでリンクしておきます。


夢幻コラムⅥ【おとぎ電車の走った頃・・・昭和の宇治川ライン】

天ヶ瀬ダムの出来る前の宇治川の様子が分かり、見入ってしまいました。
船が運航していたのは知ってましたが、まさか、天ヶ瀬から大峰橋(大峰ダム:現在はダム湖に水没)まで電車が走っていたなんて・・・
ただ、ただ、びっくり!

今度、痕跡を求めてゆっくり走ってみます。


0 件のコメント: